地球観測衛星を用いた防災利用実証実験

 関連サイト

jaxa_arcgis














近年、国内外で大規模な自然災害が増加しており、国民の安全・安心の確保の観点から、広域かつ迅速な被害状況把握の重要性は益々高まっており、地球観測衛星が得意とする広域の被害状況把握や夜間・悪天候時の観測の活用が期待されています。このような状況を踏まえ、JAXAは、防災関連各府省庁、地方自治体等の防災県連機関とともに、地球観測衛星の防災活動への利用実証を行っています。

地球観測衛星を用いた防災利用実証実験

地球観測衛星を用いた防災利用実証実験は、平成18年度に開催された「防災のための地球観測衛星等の利用に関する検討会」で明確になった地球観測衛星に関わる防災ニーズに基づいて活動を開始し、順次実利用に向けステップアップを行っています。
本実証実験では、災害発生時の緊急・応急対応活動のみではなく、平時の地殻変動や火山活動監視等の幅広い防災活動に対する地球観測衛星データの有効性検証や実証を行っています。
  aboutbousaiweb

地球観測衛星を用いた防災利用実証実験は以下の体制で活動しています。

活動
内容
防災府省庁との防災利用実証 ・災害観測画像の提供
・だいち防災マップの提供(防災訓練への提供含む)
  土砂WG 地すべり等の予兆把握や土砂崩れ等の災害への適用
  水害WG 浸水域等の水害状況把握や関連する防災活動への適用
  火山WG
(火山噴火予知連絡会衛星解析グループ)
活火山のモニタリングや噴火時の被害状況把握への適用
  地震WG
(地震予知連絡会SAR解析WG)
地殻・地盤変動等の異常検出や災害時の被害状況把握への適用
  大規模災害衛星画像解析WG 大規模災害時の解析業務のワークシェアやプロダクト標準化の検討
地方自治体等との防災利用実証 ・災害発生時の地域における衛星画像利用体制の検討
・地域連携防災活動における衛星画像利用の促進


衛星利用運用センター

JAXAでは、「衛星利用運用センター」が防災関係府省庁・機関の衛星利用ユーザに対する一元的窓口となり、「だいち2号」をはじめとする地球観測衛星や「きずな」等の通信衛星による災害対応活動への協力、将来の利用構想の策定・調整のため活動しています。さらに同センターは「センチネルアジア」や「国際災害チャータ」といった国際協力の枠組みに参画し、地球観測衛星の災害監視への活用を推進しています。

Comments are closed.